• ダイエットフード
  • ダイエットフード
  • ダイエットフード
  • ディナー
  • ディナー
スポンサーリンク

ダイエットしている人たちも、間違った方法をずっと続けてしまっていることはないでしょうか。

ダイエットといえば、運動だけでなく、食事をどうすればいいかにということを多くの人たちが考えていることでしょう。

 

とにかく食事は大事なポイントであり、ダイエットは出来たけど、なかなか健康的に痩せられない人たちが多いようです。

スポンサーリンク

炭水化物の向きあい方

糖質制限すれば良いだけではなかった?

痩せないのは糖質のせいとばかり、炭水化物を悪者扱いにしている人たちも多いようです。ここで糖質という言葉が登場しますが、炭水化物が糖質と思っている人たちも多いようですが、実際にそこには違いがあります。 正しく理解しないで、なかなか健康的なダイエットは成功出来ないかもしれないですよね。 ズバリ炭水化物とは「糖質」+「食物繊維」のことを言います。

糖質は本当にダイエットの大敵?

糖質についてはダイエットと敵と思われているのかもしれませんが、炭水化物を排除する意識を持ってしまえば、一緒にダイエットに効果的な食物繊維も排除してしまう矛盾をおかしてしまうことになります。 糖質という存在は、胃腸において、消化吸収され血液と一緒に全身の細胞に行き渡って、身体を動かすための大事なエネルギーとなります。

 

エネルギーとして大事な成分ですが、過剰に摂取してしまうことで、血中のブドウ糖(血糖)が急激に上昇してしまうことになり、すい臓からインスリンが大量に分泌され、血糖値を一定に保とうとします。

 

脂肪細胞にブドウ糖をどんどん送り込むことになり、中性脂肪化して、肥満になってしまうことになります。

 

糖質は、人間にとって大事な成分なので、糖質が身体から足りなくなれば、思考力が低下してしまい、集中力の衰えが起こることになり、疲れやすい身体になってしまうことでしょう。

  

そして、糖質が減少してしまうことで、身体の体温は下がり、「基礎代謝」も低下してしまうことでしょう。

基礎代謝が低下してしまうということは、痩せやすい身体を作るどころか、逆に太りやすい身体にしてしまうので注意するようにしてください。

 

ダイエットの食事制限といえば、ついつい炭水化物を減らすモチベーションが生まれてしまうものですが、軽い気持ちで炭水化物と向きあわないようにしてください。糖質が空っぽの状態が続いてしまえば、身体が糖質不足を認識して、一生懸命ダイエットのために運動をしても、出来るだけエネルギーを使用しないで、脂肪として蓄えておこうという「省エネ体質」になってしまうとも言われています。

 

スポンサーリンク

糖質との上手なつきあいかた

 ダイエットしている人たちも上手な糖質のつきあい方をする必要があります。

糖質の、上手い付き合い方は、単独で摂取するか、食物繊維と一緒にとるかです。

血糖値を急激にあげない食材とは?

 

炭水化物として、食物繊維を一緒に摂ることができれば、糖の吸収を緩やかにしてくれて、摂取する糖質を、エネルギーとして少しずつ使っていくことができます。

 

 しかし、糖質を食物繊維が少ない状態で摂取してしまうと、糖は一気に吸収されてしまい、血糖値が一気にアップしてしまい、エネルギーとして使用することができないものは脂肪として蓄積されてしまうことになります。

 

食物繊維の少ない糖質食品は、甘い飲料や菓子、菓子パンなどをあげることができますが、このような食べ物によって、いつの間にか中性脂肪を蓄積させてしまっていることでしょう。 

 

糖質と食物繊維がセットで上手くとれる食べ物といえば、お米や小麦、そばなどです。 ここでは、精白したものは食物繊維が少ないということを注目してください。

 

方法として、白いごはんを食べる時は、玄米や押し麦、雑穀などを加えると食物繊維を意識的に増やすことができ、問題解決することができます。

 

パン、パスタを食べるときには、全粒粉で作られたものを選択するようにしましょう。

 

そばを食べるときには、そば粉率の高いものを食べるようにするといいでしょう。

 

スポンサーリンク

食物繊維を意識する

大切なのは食物繊維

糖質ダイエットをするというときに、鼻から糖質を摂取しないというのではなくて、食物繊維を意識し、炭水化物を上手に摂取してダイエットの仕方が出来るといいです。

 

ダイエットしている人たちは、食事のカロリーばかりに意識が行ってしまうようですが、食べ物の意味は、もちろんカロリーだけではありません。

 

身体の中で、どのように働くのかもっと深い追求心が必要です。

 

糖質+食物繊維というのなら、豆・芋・栗・ごぼう・かぼちゃ・果物もおすすめ出来る食べ物です。 精白度の低い穀類の摂取で敷居が高いという方々には、気軽にスーパーマーケットでも購入出来るこのような食べ物に目を向けてみてください。

 

ダイエットしている人たちは、糖質が多いから、このような食べ物を敬遠しているケースが多いですが、食物繊維をしっかりキープすることができるから、ダイエットにもおすすめ出来る食べ物なのです。

 

レトルトのサラダパックや缶詰のレッドキドニー・金時豆やひよこ豆、小豆などもおすすめです。

 

いかがでしょうか。糖質の大事さも知り、糖質を抑えた有効的炭水化物ダイエットをおこなってください。

スポンサーリンク
  • 本当に痩せる!手軽にできるサバ缶ダイエットの効果てきなやり方
  • ダイエットの時の外食…効果的だったのは「貝」だった!
  • 炭水化物が最重要!糖質を抑えた炭水化物の取り方とオススメ
  • 簡単だけど注意が必要!置き換えダイエットで気を付けたい3つのルール
  • 炭水化物が最重要!糖質を抑えた炭水化物の取り方とオススメ
  • 「朝のフルーツが最強な理由!知らないと損をするメカニズム」
おすすめの記事