• ダイエットフード
  • ダイエットフード
  • ディナー
  • ダイエットフード
  • ディナー
スポンサーリンク

ダイエットは、命を落としてしまう危険があります。命を落とさないにしても、体に与えるダメージは数えきれません。

 

体重が落ちても、病的でガリガリに痩せこけてしまったら魅力的とはいえませんよね!

 

 

健康的で引き締まった体を手に入れるには、正しいダイエット法を実践する必要があります。

 

ダイエット中の食事の摂り方と効率よく痩せる運動をご紹介します。

スポンサーリンク

無理なダイエットが体にもたらす影響

 

極端に食べる量を減らしてしまうと、体に必要な栄養素が確保できなくなるので見た目にも影響が出てきます。

 

「美しく痩せる」とはほど遠いものばかりですので、改めて確認しておきましょう。

体臭がキツくなる

食事制限で炭水化物やたんぱく質などのエネルギーが不足すると、体は中性脂肪を燃焼してエネルギーを作り出します。

 

中性脂肪は分解すると臭いがする「脂肪酸」になるので、汗臭く感じてきます。

 

それでもまだ食事制限を続けると、乳酸が生成されますが、この乳酸はチーズやバターのような臭いを発するジアセチルの原料となってしまうのです。

抜け毛が増える

体が十分な栄養を摂取できないと危機感を感じると、あまり重要ではない箇所への栄養の供給は真っ先にストップされることになります。

 

髪の毛は、内臓や脳、神経などと比べると重要度が低いです。

 

 

女性は妊娠すると赤ちゃんへ栄養を与えるので抜け毛が増えますが、ダイエット中も髪の毛へ栄養が供給されなくなると抜け毛が多くなります。

肌がカサカサになる

肌の水分量が減少すると、実年齢よりも老けて見られてしまいます。

 

食事制限でたんぱく質や脂質・ビタミン・水分の量が少なくなると、肌を作る材料が足りないので健やかな肌は生成されません。

 

肌を作るには、エネルギーとなる糖質も必要です。ダイエット中に肌がカサカサしてきたら、栄養不足のサインだと思って下さいね。

拒食症になる危険性

ダイエットは、努力すればするほど体重が目に見えて落ちてくるので真面目な人ほどハマってしまいます。

 

次第に食べることに罪悪感を感じるようになり、拒食症になることも。

 

 

過食と拒食を繰り返すことを「摂食障害」といいますが、摂食障害にならないようにするには、食事の量を減らすダイエットや〇〇だけダイエットといった偏ったダイエットはしないことですよ。

スポンサーリンク

健康的に痩せるには代謝を高めるのがコツ

 

過度なダイエットをすると、その反動でドカ食いしてしまいリバウンドすることが多いです。

 

健康的に痩せるには、「痩せやすい体」に肉体を改造する必要があります。

 

 

基礎代謝が高い人は、何も運動をしなくてもどんどんエネルギーが使われて痩せていきます。

 

一方で、基礎代謝が低い省エネタイプの人は少し食べただけでも脂肪が付いてしまったりと、一見すると不公平ですよね。

 

 

代謝がアップすると痩せやすくなり、肌が生まれ変わるサイクルも正常になるので肌や髪の毛のツヤもアップします。

 

美容の面でも良いことばかりなので、効率よくダイエットするためにも基礎代謝を上げていきましょう。

スポンサーリンク

筋肉量を増やして痩せやすい体になろう

 

基礎代謝は、筋肉量に比例しているので代謝をアップするには筋肉量を増やしましょう。

 

筋肉量を増やすには筋トレが効果的ですが、筋肉の原料となる鶏むね肉や豆腐・納豆など低脂肪高たんぱくな食材を食べたり基礎代謝を上げる生姜を意識して食べるのも有効です。

ダイエットには遅筋を鍛えるのが効果的

筋肉には、短距離走など瞬発的な運動をするときに使われる「速筋」と長距離走などの有酸素運動のときに使われる「遅筋」があります。

 

「速筋」を鍛えるとムキムキに筋肉が付いてしまうので、腕や脚が太くなってしまう可能性があります。

 

 

適度に筋肉が付いたしなやかで引き締まった体を手に入れたいなら、速筋ではなく遅筋を鍛えるのがおすすめです。

遅筋を鍛える筋トレ&ストレッチ

遅筋を鍛えるにはジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的ですが、天候が悪かったり仕事が忙しいと継続するのが難しいですよね。

 

そこで、寝る前に10分でできる筋トレ&ストレッチをご紹介します。

3分でできる体幹トレーニング

体幹トレーニングでは、普通の筋トレとは違って遅筋を鍛えることができます!

 

時間は3分と短いですが、結構キツイので毎日続けることでしっかりと遅筋を鍛えることができますよ。

 

ヨガで基礎代謝アップ!

ヨガは有酸素運動なので、遅筋が鍛えられます。

 

体を柔らかくして筋肉をほぐすことで、血液が体のすみすみまで行き届くようになり基礎代謝がアップしますよ。

 

まとめ

過度なダイエットは、行き過ぎると命を落としてしまう危険があります。

 

  • 体臭がキツくなる
  • 肌や髪の毛が荒れる

 

など、好ましくない症状が出てしまう前に、バランスの良い食事で栄養を十分に補給してあげましょう。

 

健康的に痩せるには、食事制限ではなく筋肉量を増やすことを重点にダイエットをするのがコツです。

 

 

体幹トレーニングやヨガなどは遅筋を効率よく鍛えられるので、ダイエットにはおすすめの運動になります。

スポンサーリンク
  • 簡単だけど注意が必要!置き換えダイエットで気を付けたい3つのルール
  • テレビを見ながら楽々!下半身太りに効く簡単ストレッチ!
  • 過度なダイエットは危険?!正しいダイエットと運動法
  • ダイエット中の便秘撃退!!今日できる実践便秘解消ストレッチ3選
  • すらっとした美脚を実現する簡単ストレッチ5選
おすすめの記事