• ディナー
  • ダイエットフード
  • ダイエットフード
  • ディナー
  • ダイエットフード
スポンサーリンク

ダイエットの中でも短期間で行える断食は、芸能人やモデルの方々も実践しているダイエット方法です。

しかし、実際にどれくらい痩せられるのか、どんな効果があるのかを知識として知っている方は少ないのではないでしょうか。

今回は、断食は本当に痩せられるのか、どんな効果を得られるのかについてお話しします。

スポンサーリンク

断食ダイエットとは


断食とは決められた期間内は、水しか飲まずに過ごすことです。宗教上の理由で、断食をする人々もいます。
また、固形物意外の決めたもののみは食べる、というような断食の方法もあります。

似た言葉で絶食というものもありますが、こちらは水も何も口に入れずに決められた期間を過ごすことを指します。

最近では、ファスティングと呼ばれることが多く、短期間で出来るダイエットとして知られています。その他週末のみの「プチ断食」というダイエット方法もあり気軽に実践されているダイエット方法です。

ご自分にあったやり方をすれば痩せられるうえに、美容などにも効果があるとされています。

スポンサーリンク

実際どれくらい痩せるのか

断食ダイエットを行うと体重はどれほど減少するのかについてお話しします。

こちらはかなり個人差がありますが、1日2日ですと、1~2キロ、3日以上行うと2キロ以上落ちるのが平均的です。
個人差がある理由は、もちろんその方の体質や普段の食生活の影響もありますが、断食中に飲む水分の種類が違うと効果も違いがあります。

・1週間で4キロ
ポイント:酵素を飲みながらの断食

SEO✩*さん(@seo.13xx)がシェアした投稿 - 2018年 8月月20日午前2時31分PDT

 

・3日で1.6キロ
ポイント:水と塩を取りながらの断食

yossyさん(@yoshimasayokoda)がシェアした投稿 - 2018年 8月月18日午後4時42分PDT

 

・2日で1キロ
ポイント:かき氷などで無理せず水分を取りながら断食

おはなdietさん(@yu_9740)がシェアした投稿 - 2018年 8月月19日午後4時30分PDT

 

・7日で2.5キロ
ポイント:断食指導者の方のサポートを受けながらの断食

香織 鶴田さん(@pancafeday)がシェアした投稿 - 2018年 8月月19日午前12時15分PDT

 

・2日で2.6キロ
ポイント:普段からのダイエット取り入れた断食

@yaseaka30がシェアした投稿 - 2018年 8月月17日午後2時09分PDT

スポンサーリンク

断食は体に良いという考えもある

「食べないで体重を減らす」と考えると不健康なイメージがわきますが、適度な期間内の断食は体に良いものです。

酷使している胃腸を休められる

私たちは基本的に、お腹がすいたら好きなものを好きなだけ食べる、という生活をしています。しかし、そのような食事のとり方は、胃腸に負担をかけていることになります。
胃腸の働きは、消化や吸収の他にも排泄も行います。しかし、近年の私たちは、毎日たくさんの食事をとるため、胃腸は常に消化や吸収に大量のエネルギーを消費してしまっています。その分、排泄までエネルギーを回せず胃腸の中に老廃物が溜まってしまいがちなのです。

そのため、断食を行うと、消化や吸収にエネルギーを使わずに済み老廃物をしっかり排泄出来るようになります。

若返り遺伝子が働き始め健康になる

私たちの体の中には、若返り遺伝子と呼ばれる遺伝子があります。しかし普段は働いていません。

断食を行うとこの遺伝子が働きだし、酵素を作ります。作られた酵素は様々な遺伝子に活発に働きかけ、老化の促進を防ぎます。また、加齢を促すホルモンの分泌も減少するので、ガンなどの病気にもなりにくくなるとされています。

断食ダイエットの効果

断食ダイエットには、体重を落とす以外の効果もあります。

・腸内環境の改善

普段は、排出することが出来ない老廃物を出すことが出来るので、腸内環境が改善されます。

免疫力があがる

腸内環境が整うと小腸に多く存在するとされるリンパ球の働きがよくなり免疫力があがります。

肌がきれいになる

腸内に老廃物がなくなると、肌も綺麗になります。特に便秘にお悩みの方は変化を感じられます。

花粉症などが改善する

腸内環境が整うことにより、花粉症が改善されることもあります。

断食ダイエットのポイント

○体力があるときに行う

仕事が忙しいときや行事が続くときには、断食は控えておくとよいです。この日から始めなければいけないというルールはないのでご自分の体調をよく見極めて始めましょう。

○準備期間をとる

断食期間が1日であれば1日、2日であれば2日というように断食期間と同じ期間をとりましょう。
準備期間ででは極力体に優しい食事を心がけます。お魚とお豆腐のお味噌汁ときんぴら、鳥のササミと蒸野菜ときのこのお味噌汁など和食を中心にすると良いです。きのこ類や海藻類もおすすめです。

お肉や揚げ物は控えましょう。
また、お腹いっぱいに食べるのも良くありません。7~8割お腹が膨らむ程度がよいです。
その他、喫煙者の方は禁煙をしましょう。断食中もタバコは体に負担を与えるので、準備期間から禁煙をしましょう。

準備期間をしっかりと行うと断食の効果もあらわれやすいです。

○断食期間中も水分はしっかりと取り体を冷やさない

断食期間中はいつもよりも水分をとる機会を増やしてください。断食を行う期間やご自分の好みで構いませんので、水のみ・酵素ドリンクも追加する・豆乳を追加するなど工夫をしてみてください。

1日だけではなく、2.3日の断食を行う場合は水のみよりも他の水分と組み合わせてとった方が体に必要な栄養が取れます。

また、断食期間中は体が冷えやすいです。そのため、水分をとるときは暖かいものをとった方が良いでしょう。

○回復期間も胃腸に優しくする

復食をする際に、断食を乗り越えた嬉しさで暴飲暴食をするのは絶対に避けてください。まずは、水分多めの重湯や味噌少な目の具なし味噌汁から体に入れていきましょう。徐々に湯豆腐や納豆など準備期間と同じように胃腸に優しい食べ物をとっていきます。

期間は断食をしていた期間と同じ、もしくは長めにとっても構いません。

辛いものや脂っこいものを急に食べるのは絶対に避けましょう。

○水分の種類に気を付ける

・お酒
・カフェインを含むコーヒーや紅茶など
・糖分を含んだコーラなどの飲み物

これらは、準備期間や回復期間にも避けましょう。

○体調が悪くなったら中断する

断食期間中に体調が悪くなったらすぐに中断し、病院に行くなどして対応をしてください。
体調を崩さないためにもまずは、1食ファスティングや半日ファスティングをして胃腸や体をファスティングにならすことをおすすめします。

まとめ

今回は、断食はどれくらい痩せられるのか、どんな効果があるのかについてお話ししました。

断食は、体重に変化があるだけではなく、美容や健康面においても良い効果があります。はじめてチャレンジする方は、1食断食からマイペースに挑戦してみてください。

健康第一に楽しくダイエットを行ってください!

スポンサーリンク
Beauty, サプリの関連記事
  • 断食って痩せるの?実際にどんな効果があるのか調べてみた
  • 糖の吸収を抑える?!食前に飲みたいサプリ10選
おすすめの記事